会社情報

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > 会社情報

代表挨拶 武田祐一

ごあいさつ

当社は、1961年(昭和36年)に京都市南区において武田鉄工所として創業し、紡績のシャフトや建機の鋳物部品の加工を行なってきました。

1970年(昭和45年)にはタケダ工業株式会社を設立し減速機や発電機のシャフトの旋盤、研磨加工などを行いシャフト専門メーカーとして生産拡大してきました。

またシャフト加工の増産対応を行なうため滋賀県八日市に第二工場を建設し生産ラインを構築しました。その後さらに成長を続け、現在においては工場を滋賀県東近江に一本化しよりスリムな体質で生産活動が出来るよう取り組んでおります。

また1980年代からはNC制御の生産設備の導入と同時に三次元、真円度、形状、面粗さなどの精密測定器を導入し生産技術向上のため日々研鑚に取組み、より高い品質の部品加工を行なうようになりました。

特に最近では、ポンプ部品、工作機械、油圧機器、半導体装置メーカーなどの取引が始まりシャフトだけでなくフランジ、ギヤ、ケース、自動車パーツ部品など様々な部品加工を手掛けるようになりました。

多くの分野の受注拡大にともないステンレス(SUS316,SUS329など)、ダイス鋼、焼入れ鋼(調質、浸炭焼入れ)などの旋盤、マシニング、歯切り、研磨加工を行い、また一部組立て品まで手掛けるようになり完成品でメーカー様へ部品を提供できるよう取り組んでおります。

昨今の情勢は著しく変化し経済はグローバル化していきますが、我々は国内の加工部品メーカーとしてより付加価値の高い高品質な製品作りを追求するとともに地域社会の発展にも尽力出来るよう努めてまいる次第でございます。

代表取締役社長 武田 祐一

会社風景

理念

経営理念

小なりといえども企業経営は、技術の蓄積と創意工夫により『より良く、より安く、より早く』をモットーに、積極的に社会に貢献し、有意義な仕事を行い、事業の限りなき発展と社員の豊かな暮らしを実現する。

我々の信条

私達はお互いの人格を尊重し常に創意工夫をもって社会に貢献し皆豊かで悔いのない人生を歩もう。

品質方針

タケダ工業株式会社は品質方針を下記のように定める。

  • 1、部品メーカーとしての自覚と責任を持ち、お客様の期待にこたえます。
  • 2、常に考えて行動し、品質、コスト、納期改善に努めます。
  • 3、品質目標を定め、達成のための活動を展開し、定期的に評価します。
  • 4、お客様の要求事項と社会法令順守のため、品質マネジメントシステムの継続的改善を行ないます。
  • 5、方針と目標を全社員で周知徹底し、より良い生産活動が出来るように前進します。