製品紹介

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > 製品紹介

培われた技術力

製品事例1    繊維巻取り設備の主軸

繊維巻取り設備の主軸

加工技術のポイント

全箇所研削仕上げで外径の同軸度0.002レベルという条件のもと、加工品は旋削時の抵抗により曲がりが生じやすい為、刃物の選択と加工条件の工夫により加工を可能に致しました。


製品事例2    射出成型機のモーター部品

射出成型機のモーター部品

加工技術のポイント

浸炭焼入れ後、ZL25の旋盤で油圧フレ止めを使用しΦ20外径をΦ6に削りおとす。研削時、砥石の扱いに細心の注意を払って加工を行ないました。


加工工程写真

製品事例3    道路補正用鉄輪の部品

道路補正用鉄輪の部品

加工技術のポイント

旋削、歯切り、浸炭焼入れ、研削までの加工で内歯はギアシェーパーで行い外歯はNCホブ盤でクラウニング加工を行なうという高い機械精度が必要な加工です。尚、三次元測定機で品質保証をしております。


製品事例4    水質調査設備の部品

道路補正用鉄輪の部品

加工技術のポイント

SUS316(高耐食性ステンレス鋼)を使用した難削材の加工品です。マシニングの加工は、形状が複雑で刃物の選定、加工条件の設定に苦心しましたが、独自のノウハウを確立しました。

加工工程写真