新着情報

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > スタッフブログ > 木鶏会感想文

木鶏会感想文

2021/02/02 : スタッフ

タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

明日に迫りました社内木鶏会!
今回のテーマですが、『自靖自献』
自靖とは、心の平安を保つこと!
自献とは、世のため人のために尽くす!
と教えられています。
人間は自靖しているだけで自献しない人、出来ない人は人ではないとも書かれていました。重く突き刺さります。
私なりに感想を纏めてみました。
以下引用!

感想記事 『セピア色の心を瑠璃色に染めて』
感想 【自靖自献だが、私自身年明け初日が一番心が安らいている時です。その精神状態が一番物事を損得なしに素直に取り組みやすくしていると思う。日々生きていると悩みやストレスがたまってくるものだが、今回この記事を読んで障害を持っている人が、とても純粋でピュアな感性を持ち生き生きとしておられると感じた。竹ノ内さん自身も生い立ちが障害のある兄を持ち姉も自身のせいで生きたい人生を送れず、また自分自身も後に病気になってしまったり、そういった経験が障害者事業を起業したきっかけになっていた。
人はそれぞれ色んな生い立ちがあってその後の人生の道標に影響を与えている。社会人になって思うのは仕事から離れて思いっきり遊ぶ、おいしいものを食べる、読書をするなどの気分転換を通じて自靖を養っていきたいし、自分がどういう役に立てているのか、仕事を通じて考えていければと思う。お客様、会社の仲間、社会に自分はどれだけ貢献出来ているのか?役に立てたと実感出来たら安心して遊ぶ事にも熱中出来るのかなと思う。
こういうサイクルが両立して自靖自献が成り立つのかなと思った。】

以上です。
素の感想を自分なりに書いてみました。
明日第9回目の社内木鶏会!
楽しみます。