新着情報

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > スタッフブログ > 従来式の方が...

従来式の方が...

2021/05/07 : スタッフ

こんばんは
タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

GWが明けても感染拡大に歯止めがかからないですね!
昨年の緊急事態とは違い、自粛にもどこか緊張感が保てないような雰囲気といいますか、思うような効果が現れないのが実情でしょうか?
にしても最近はPCR検査が積極的に行われているようですので検査数の個体が昨年とは比較にならないくらい行われていますし、このような結果を踏まえて早くワクチン接種が全国民に実施されれば少し安心感も生まれるのでしょうかね。
それよりも特効薬が早く出来て欲しいと思います。
イベルメクチンですか、コロナに効く特効薬として注目されてるはずですが、早く開発、量産に向けて動き出してもいいと思うのですが、明るい光明が見えて欲しいです。
緊急事態が発令されている現在ですが、滋賀はまだそういう状況でないため滋賀県内の客先訪問や来社に対する規制はそこまで厳しくされてないかと思います。
今日は、ポンプメーカーとして独自のポジションを確立され、県内でも大変優良なお客様に来社いただきました
最近はリモートが主でありましたが、この従来と言いましょうか、本来の形がやはり一番通じ合えます。
早くこのようなスタイルが普通になる事を願っています。
そして毎年この時期に方針説明に来られます。
今年度の発注数量や品質改善状況や納期に対する遵守の状況などをデータを持って説明されます。
QCD全てが高い水準になければ新たな仕事はいただけませんし、そこがお客さんのニーズでもありますので下請けの仕事をしている以上、顧客満足をひたすら磨き続ける事が我々の生きる道であります。
毎年、非常に分かりやすくしかも内情をオープンにして説明いただきますのでやり易く仕事を進めていけます。
時には厳しくもありますが、評価も頂き、その結果新たな注文も頂けましたので本当に感謝いたします。
我々の業界、最近の好況は中国の好景気に乗っかっている部分があります。
政治問題では摩擦があるようですが、間違いなく中国なくして成り立たない環境にあります。
政治に経済、対中対日感情などと色々ありますが、上手く国同士が渡り合っていけるようにしていきたいものですね。