新着情報

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > スタッフブログ > DXの新たな取り組み

DXの新たな取り組み

2021/07/19 : スタッフ

こんばんは
タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

いよいよ梅雨も明け、夏本番となってきましたね!
そして今週から東京オリンピックが開催されます。
ホントにようやくですね。
ここまでの道のりは大変険しかったものと思われます。
コロナ禍で行われるオリンピックですが、頑張って応援しましょう♪

昨今、よく言われるDXの推進ですが、当社もようやく生産管理システムの導入を決めました。
サーバを持たず、クラウドでシステムを共有し手厚いサポートを受けて本格的にスタートします。
ものレボ(株)』の小ロットスケジューラーというシステムです。
我々のような多品種小ロットで工程の多い仕事の生産管理には持ってこいのシステムだと思います。
しかも今回は初期費用0円での導入となりました。
生産状況の大きな変化にも柔軟に対応できるシステムになろうかと思います。
導入の一番の目的は、生産現場にも仕事の見える化を図っていこうというのが私の考えです。
当社も長年、紙に生産計画を書いて貼りだすといったアナログの仕組みを持っていましたが、これからのデジタル化の時流に乗っていき新たな取り組みを始めていきます。
サポートパックにも加入しましたのでシステム会社からも徹底的な支援をしていただきます。
これから非常に楽しみになってきました。