新着情報

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > スタッフブログ > 春分の日に思う...

春分の日に思う...

2020/03/20 : スタッフ

タケダ工業代表取締役の武田です。
いつもお世話になっております。
本日は、春分の日でございます。

当社は、本日営業を実施しております。
日本では、節目節目で先祖のお墓詣りをする風習がございます。命日、月命日、お盆、お彼岸...
年齢を重ねるにつれて、先祖への供養に対する気持ちが高まってきます。
人間的に、少しはまともになれたのかな...
と思うこともしばしば   いやいや、まだまだですが。

もう4年にもなりますが、当社のスーパーおじさん まっちゃんが亡くなりました。
あまりにも突然に...

2016年2月18日、午後6時過ぎのことです。
衝撃的な末路でした。

それまで普通に仕事をし、食事を終え、車に乗り込み、会社を出て数十メートルのところで、会社敷地内のところに転落。
ドスンという鈍い音。
初めは、何が起こったのか気付かず...
数分後に、私が帰宅のため、自分の車のところに向かう途中で、フロントガラス面に見慣れたナンバープレートの映像が... 何かおかしいと恐る恐る近寄ると、車が転落しているのを発見!
まっちゃんの車が。
慌てて救急車を呼び、会社に残っている社員に伝え、車で横たわっているまっちゃんに呼びかけるも...  応答なし。
すでに心肺停止状態でした。

享年69歳!
70までは頑張るよ!  と言ってくれていたのに。
人生のセカンドステージもいろいろと考え、充実させていきたいと言っていた矢先に、このようなことになってしまい、無念であったろうと察します。
今思えば、波乱万丈の人生だったのかな?!
50歳ぐらいの時も、通勤途中で事故にあい、生死をさまよったこともありました。
その時、見舞いに行った時も、いつかこんなこともチャレンジしたい、あんなこともやりたい、と病室で語っていましたね!
モチベーションの塊でした。
すごいおっさんでした。

昨年のこのお彼岸の前に、ご家族に連絡させていただいてご自宅にお邪魔させてもらい、お墓に参らせてもらいました。
忙しさにかまけてか、アッという間に時間が過ぎていました。
本日の春分の日に、改めてご冥福をお祈り申し上げます。  合掌!