新着情報

シャフトなどの金属精密機械加工のタケダ工業株式会社 > スタッフブログ > 今がチャンスと捉えて...

今がチャンスと捉えて...

2020/03/25 : スタッフ

こんばんは
タケダ工業代表取締役の武田です。

連日、コロナの話題が先行してますが、とうとう今年開かれる予定のオリンピックまでが、1年ほどの延期となりました。ホントに大変ですね。
記念すべきオリンピックの年にこんな前代未聞の事態になるなんて。
えらい事になりました。
また、大都市東京で、感染拡大が広がっており、先ほど東京都知事より外出自粛や在宅勤務の要請がかかったばかりです。パンデミックの可能性が高まっているという事ですね。
あの有名なお茶の間を賑わしてるタレントやイギリスのチャールズ皇太子も陽性反応があったと報じられています。悪いことは重なるもので今朝、当社の敷地内だけ停電が起こりました。
先日もありましたが、またまたです。
今回は、会社のキューピクルに送電しているところの途中に落雷時、過電流を地中に流すためのアレスターという部品が絶縁不良を起こしているという事で、漏電が発生し、気中開閉器が切れた状態になっていました。
9時半ごろには復旧しましたが、ホントに不吉な予感がしてきます。私にも災難が起きています。ギックリ腰なのか坐骨神経痛なのか分かりませんが、動けなくなりました。あまりの痛みで...
これはしばらくかかりそうです。
最近は、品質不具合や設備故障が頻発していますし、今は我慢の時だと捉えています。
本日の停電の時、しばらくやることがなかったので社員さんには清掃活動を行なってもらいました。

約1時間半の作業でしたが、みんなしっかり気張ってくれました。感謝です。
今は、最悪の事態ですが、国も大変ですし、当社も大変です。
ですが、今がチャンスと捉えて、くるべき明るい未来に向け、くじけず1日1日頑張りますよ!
あの経営の神様、松下幸之助様がこう申していました。
『万策 尽きたと思うな!自ら断崖絶壁の淵にたて。 その時はじめて新たなる風は必ず吹く。』
今は、耐え抜き、考えぬく時でしょう。