シャフトなどの金属精密機械加工
タケダ工業株式会社
Takeda-kk.Co., Ltd.

商流に疑問...
2021/11/22


こんばんは
タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

寒くなってきましたですね。
紅葉も今が見頃ですが、これから3ヶ月以上もこの厳しさに耐えていかねばいけませんね。
毎年の事ですが、しっかり防寒対策していきますね。

我々は物を作る会社ですが、物を売る会社でもあります。
メーカー様があり直接お取引させていただいている場合は、これでいいんですが昔からの商流で商社経由でのお仕事がかなりの比率で占めるようになりました。
1クッション入れるという事で責任を緩和するという目的もあろうかと思いますが、昨今はどうでしょう?
どうも違うと思いますが...

我々は、メーカー様と直接やり取りもしますし、納品も責任持ってさせていただいています。
なのに何で?と思うのですね。
商社さんが牽引してビジネスをしているならまだしもどうも我々加工屋に乗っかかっているだけのように思いますね。

先日も数名で来社されたのですが、「我々の運命はタケダさんにかかっています。タケダさんに乗っかかっていきます。」と言われるのです。
ええ!これで商売成り立つの!と思うのですね。

この仲介業務で数十パーセントの手数料を取られるんですが、これ対価と言えないんじゃないですかね。

この世界ではこういう事例がいくつもあると思いますが、ちゃんと仕事してほしいと思いますが、いかが思われますかね?

アーカイブ

↑TOP