シャフトなどの金属精密機械加工
タケダ工業株式会社
Takeda-kk.Co., Ltd.

脱...
2021/02/24


こんばんは
タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

いまや日本の製造業の中で自動車部品の裾野は幅広く展開されておりますね。
特にトヨタ自動車のお膝元にはデンソー、アイシン精機などの一次サプライヤーが集積しています。その一次サプライヤー関連のお仕事をなされている加工屋の社長様が本日ご来社されました。
自動車部品を中心に量産の加工を展開されており、従業員数は100名を超える大きな会社さんです。
当社が得意とするシャフトの生産技術的な相談を受けました。
図面を見てこの製品ならセンタリングしてドライブセンターで加工するのとか、いやいやこれはチャックワークでやった方がいいですよ!とか当社の持っているノウハウを伝えさせてもらいました。
技術提携ではないですが、技術をオープンクローズで出すところは出すけども機密の部分は出さないという使い分けは必要かなと思っています。
また、逆に技術供与もしていただけたらいいわけですから...

工場を案内させてもらいました。
職場内が綺麗に保たれていてびっくりされていました。
そして工場内に点在する数々のシャフト製品をご覧になってその仕上がり具合、複雑な形状、難削材の加工などに大変驚かれていました。
当社の技術力をアピール出来たと思います。
いやあ手前味噌なんですけど、ほんとすごい製品を作っていますよ。
そこは胸を張っていいんじゃないですかね!
熱心に工場内を見られ、そしてこれからの自動車業界の動向もEV化に進む方向性を懸念されておりました。
もう5年後、10年後を見据えた業界を模索されておられました。
はっきりと脱自動車と言われてました。
やはりEV化は大きなテーマですね。

アーカイブ

次の記事:
前の記事:
↑TOP