シャフトなどの金属精密機械加工
タケダ工業株式会社
Takeda-kk.Co., Ltd.

これぞ少数精鋭では?
2021/04/01


こんばんは
タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

またまた第4波がやってきておるようです。
厄介者です。
そうそう緊張感を持続する事は大変難しい事ですが、耐えねばなりません。
改めてしっかり予防に努めていこうと思います。
桜が満開となってますが、この時期特有の強風が吹きあれ、桜吹雪が舞い散り、桜というのはパッと咲きパッと散るもので商売の事を考えますとあまり縁起のいいものではないのかもしれないですね。
それはそうと先日、以前取引きのあった加工屋さんを訪問してきました。
歯車を作る工作機械メーカーの部品加工を専門にやっておられる会社さんで従業員5名でやられております。
この人数で月500万以上は売上を上げられていてかっちり儲けておられます。
敢えて会社を大きくせず、ある業界に特化したやり方で完全に軌道に乗り、そして従業員第一に考えられ温かみある立派な社長さんだなと思いました。
少数精鋭とは一人当たりの付加価値が高い事だと思いますし、そのため役割を兼任する事も多くあると思います。しんどい面もあると思いますが、少数だからこそ社員同士結束し合って取り組んでいけばこれほど強いものはないかと思います。
当社も40名程社員さんがおりますが、より強固な結束力を発揮し皆豊かになってくれる事が私の希望でもあります。

アーカイブ

次の記事:
前の記事:
↑TOP