シャフトなどの金属精密機械加工
タケダ工業株式会社
Takeda-kk.Co., Ltd.

死中活あり!
2021/12/16


こんばんは
タケダ工業の武田です。
いつもお世話になっております。

いよいよあと半月となりましたね今年も!
そして今週末は、新工場完成とともに機械の搬入がございます。
総勢15台ほどの機械を移動させる大掛かりな作業です。

半導体部品製造工場の本格稼働になりますが、来週早々にはスムーズに稼働出来るかしっかり見守る必要があります。
今年の年末はいつも以上に色々とバタバタします。
ご迷惑が掛からないようしっかりご対応させてもらいます。

そしてもう一つ会社の大事な大きな看板を書いてもらいました。
事務所棟の外壁に手書きで職人さんに書いてもらいました。

会社の大きな看板が出来上がりました。
これからまた新たな一歩を踏み出していきますね。

それにしてもこれまでの創業60年で数々の歴史を歩んできました。
ここまで築き上げてきた会社ですが、どん底の時期も経験し現在も色々とありますが、平穏にお仕事をさせてもらっています。

先日の第19回社内木鶏会では、「死中活あり」をテーマに勉強させてもらいました。
どん底の中に落とされてもその現実を容認し、受け止める心を持つことで活路が開けるというお話でした。

これからの歩みもこのご時世ですから、色々と変化があり苦難に満ちることもありますが、あまり悲壮感を出さずに現実を容認し、常にポジティブな思考で前に進んでいかねばという学びをさせてもらいました。

この大きな看板を見つめ、大きな心で一歩づつ前に進んでいこうと思います。

アーカイブ

前の記事:
↑TOP